「消えるサイト 生き残るサイト」小説風評価

 

弥生丸がブログを開設してから一ヶ月が経とうとしていた。

さくらのレンタルサーバーでサーバーを借りるところから始め、独自ドメインも取得した。

wordpressに様々なプラグインをインストールし、荒削りではあるが、ブログを書き進めていく準備は、ある程度整ったといってよかった。

 

その間、ブログに関する様々な書籍を読んだ。その中で頻繁に目にしたのが「SEO」という単語だ。

サーチエンジンオペ…オペ…オペレーティングシステム?

まぁそんな感じだ。頻繁に出てくる単語なのだから、SEOがブログ運営に欠かせないモノになってくるのは間違いない。

これはヤフーやグーグルなど、検索エンジンのことを指す。

SEO対策といえば、検索結果でどのようにして上位表示させるか? ということだ。

 

「消えるサイト 生き残るサイト」では、主にそのSEO対策のノウハウについて書かれている。

読んだはいいが、正直なところ、弥生丸はSEOに興味がなかった。

理由は、自分が運営するブログが、そこまでのレベルに達していないからだろう。

例えば野球を始めたばかりの少年が「よし、明日からカーブ対策だ」といって、いきなりカーブを打つ練習はしない

。まずはストレートを打つことが重要である。例えの悪さは勘弁して欲しい。

 

それでもこの「消えるサイト 生き残るサイト」を手に取ったのは、タイトルに興味が惹かれたからだろう。

 

まだSEOに触れていない弥生丸にとっては理解し難いところもあったが、簡単に内容を要約するならば「楽チンなSEO対策など存在しない」ということだ。

相互リンクや被リンクが、SEO対策に重要なことは、ブログ運営をしている方ならば誰もが知っているところであろう。

ちまたでは、このようなリンクを簡単に増やすことが出来るツールが溢れている。

しかしこのようなツールを利用すると、検索ロボットから罰則を受け、検索結果に表示されなくなるということが現実に起こっている。

 

そこで自分なりにこの本の内容を要約するならば「最大のSEO対策とはブログのコンテンツを充実させることである」ということだ。

ようは努力しろということである。

これこそが長年変わらない、普遍的な成功の秘訣ではなのだろう。

それさえわかれば十分だ。

コメントを残す

このページの先頭へ