「驚くほど成長する仕組み」小説風評価

 

どうしようかな? そうだ! 本を読もう! いつものことである。

 

こういう時は元気をくれる本でなければだめだ。自分に勇気を与えてくれる本でなければならない。LISMObookでお手軽に電子書籍を検索。

そこで見つけたのが「驚くほど成長する仕組み」だ。

無料でサンプルをダウンロードできるので、まずは無料ダウンロード。そして読み始める。

僅か数ページめくっただけで、弥生丸の心臓は伸縮し始めていた。

スマホを持つ手に力が入る。

 

感じたのは怒りだった。

冒頭から「努力は報われない」などど書いてあるからだ。

さらに続いて著者の自慢話。若くして海外を豪遊した様が記されている。

ふざけやがって、きっと誰でもそう思うだろう。

だからこの本を購入したと決意したといっても過言ではない。私は、著者に上手く煽り立てられてしまったのだ。

そして結果としてこの本を読んでよかったと心底思っている。

 

まず年齢が近いせいか、理由なく共感を感じた。

普通、本といえば四十代、五十代の方が出版しているものが多いのではないかと思うが、「驚くほど成長する仕組み」坂田公太郎さんは三十代だ。

そして元ナンバーワンホスト、という面白い経歴を持つ。これだけでも惹かれる方は多いのではないだろうか?

 

内容としても、実に鮮明でわかりやすいものだった。

あるいは突き詰めて考えてしまえば、どの自己啓発書にも書かれているようなことなのかもしれない。

自分のやりたいことを紙に書くことや、一年で必ずひとつは目標を達成すること、チャンスは逃さないことなど。

 

しかし、そこは坂田公太郎さんの独特の言い回し、というか明るさやパワーといった方がいいかもしれない。

他の自己啓発書にはない、鮮烈さがある。それがいかに重要か、ということをわからせてくれる。

私自身、考えを改めさせられることが多々あった。人はわかっていることでも、忘れがちである。

例えば「胸を張って、上を向いて生きた方がいい」と私が言えばどうだろう?

そんなの当たり前だ、と思うに決まっている。しかし人はいつしか、そんな当たり前のことも忘れてしまう。気付けば下を向いて歩いている。

 

冒頭にも書いたように、私はこの本を手に取った時まさに落ち込んでいた。下を向いていたのである。

それを天を仰ぐだけで、随分気持ちが変わったように思える。

人として大切なこと、眠っている潜在意識を呼び起こしてくれるような本だった。
驚くほど成長する仕組み (単行本・ムック) / 坂田公太郎/著

コメントを残す

このページの先頭へ