ロン☓2 福光聖雄プロと対戦!

生活が麻雀色に染まりつつあるのを感じていた。ネット麻雀を実践し、麻雀ブログを書く。麻雀ツイートし、麻雀の漫画に本を読む。悪くない。心からそう思う

ロン2で福光聖雄プロと対戦した。プロの方と対戦すると、沸々と根底にある思いが熱くなる。恨みはない、私怨もない。だがこう思う。勝つ。ぼくちんは。

いつものようにデータを確認し、キャプチャ保存。福光聖雄プロの驚くべきは8%代という放銃率。しかしそのわりにフーロ率は高い。普通フーロ率が高いと放銃率も高くなってしまいそうなものだが、一体どういうことなのか? これぞ福光マジック(なにが?)

とにもかくも対戦が始まった。開局と同時に無謀な攻めを見せる弥生丸。ふふふ、びびりやがれ(誰もびびらねーよ)

と、ここで、親リーが飛んでくる。びびるのは自分だった。やめてやめてやめてー! 心の中で泣き叫ぶ。

しかしどんなに泣き叫ぼうとも、ここまできたら降りることなど不可能。マウスの左ボタンを連打。すると奇跡のツモ。じゅんちゃん、三色ドラ1で満貫。対戦者の皆様、ごめんなさい。なんだか申し訳ないけれど、とにもかくも出だし好調。

そしてなおも攻め続ける弥生丸。東風戦とはいえ、満貫一回などで安心はできない。トップ目だからと守りに回り、何度煮え湯を飲まされてきたことか。

しかし開局満貫+攻めの姿勢も叶わず、福光聖雄プロに交わされ二着。鳴きは入れるが放銃はしない。まさにデータ通りの華麗な麻雀でした。次回チャンスがあれば、胸を借りるつもりでリベンジするぞー!

コメントを残す

このページの先頭へ