ロン☓2 初の役満テ……

九州に台風が接近していることは、数日前から知っていた。

弥生丸はげんなりした。

台風は嫌いだった。

余計な仕事が増えるからだ。

船は海が荒れると動けない。予定も遅れるし、台風避難しなければならない。

 

案の定会社から呼び出しがかかり、職場へと向かった。

自船が風や波で流されたり傷ついたりしないよう、いつもより太いロープでしっかりと固定する。

すべての準備は整った。しかし台風はまだ日本列島の南側。

接近にはいましばらくかかる。暇である。とはいえ船から離れるわけにはいかない。

そうだ、ロン2をしよう。

 

ということで昼過ぎからロン2を開始した。

揺らめくタバコの煙。船室には一人なのに、麻雀牌を見つめると、どこか喧騒を感じる。

並ぶ缶コーヒー。まみれた牌。

 

しばらく経って、弥生丸の鼓動が高鳴り始めた。

マウスを握る手に汗が滲む。

くるんだ……来い……

心の中で、念仏のように唱える。

そしてついにテンパイ。汗の量が増量した。

悟られまいと平常心を心がける。

ネット麻雀とはいえ、通信網を介して、相手の心情を読み取る達人がいると限らない。

迷わずリーチを選択した。

出和了りなどに興味はない。すべて見逃す準備はできている。

野郎ども、せいぜい俺のリーチに逃げ惑うんだ。

 

……しかし、

向かってくる。なぜか全員が向かってくる。まるで自分の四暗刻テンパイを見透かしているかのように。

上がらしてたまるか、そう言っているようだった。

特に激しいのが対面だった。

「チー!」「ポン!」

華麗に牌を卓に叩きつける。

切ってくるのは生牌ばかりだ。

こいつ、やるじゃねぇか……

しかし、最後に笑うのは……

対面でした。

 

チーをしたあとに、上家がするどく差し込む。

上がった役は、タンヤオのみ(T_T)

ちくしょー(T_T)

蝶のように舞い蜂のように刺す様は見事でした。

ということでロン2を始めて初めての役満テンパイはテンパイまで。

戦績は相変わらず、ラスも引かないがトップも取れないというモミモミ状態。

それでもDランクバトラーはランクが上がりやすいように設定されているようで、D3バトラーまで昇格しました。

Bバトラーからが大変そうだな。目指せ王位。

おまけの画。

こういうリーチが大好きな弥生丸である(笑

コメントを残す

このページの先頭へ