パズドラ実践記 ジュノース島、悪夢の具現クリア

image

光の歴龍をまわっているのですが、全然落ちませんね、プテーラ。ゼウスを持ってないので光の頭がいない。半減を持つヴィーナスでもいいといえばいいのですが、やっぱり攻撃力倍々系を求めてしまうのは性格なんでしょうかね、やっぱり。

闇の高難易ダンジョン、ジュノース島、悪夢の具現。やはりここは光パーティーで攻めます。フレンドにアポロンがいたので即使用。唯一の貴重なアポロンでした。まだ新しいモンスターですから、持ってる方が少ないんでしょうね。

image

おお! と1バトル目からゴルティーに遭遇。やはり存在感ありますね。オーガを倒したところで卵は落ちず、これはもしや……

と期待するだけ無駄でした。来るもの拒まず去るもの追わず。

image

通常モンスター戦。思わずヤバっと思ってしまう方は多いのではないでしょうか? バインドを喰らってしまうぞ、と。僕は条件反射で肩がビクッとなりました。しかしここはノーマルダンジョン。デーモンがバインドを使ってくることはありません。パズドラ病ですね。今度お医者さんに診てもらおう。

image

セミファイナルの6バトル目、おふた方とも攻撃力は5500程度で攻撃ターン数は2。あまりゆっくりしている暇はないのでドロップ変換を使用して一気に突破。

image

決勝はリリス。喰らうダメージは毎ターン10000弱と凶悪ですが、半減を使用しているので5000程で済む。

まずは時魔導師のスロウを発動。たった2ターンしか遅らせられない。このインチキモンスターめ。それからここでもドロップ変換を使用して攻撃。6人中4人がドロップ変換を使えるという布陣なので、6バトル目に2人使用しても決勝でまだ2人残ります。悪夢の具現では固いモンスターが出現しなかったので、危なげなく突破できました。

image

パズドラはついに1000万ダウンロードを達成。凄いですね! 日本の人口の10分の1に迫ろうかという勢いです。記念のイベントも迫っています。攻撃体勢のスキル上げに使えるポリンの塔は初体験なので楽しみです。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ