パズドラ実践記 マルースクレーター 星降りの樹海

image

弥生丸はマルースクレーターの三ダンジョン目、星降りの樹海に突入した。パーティーは上記の通り、パステト+パステトを選んだ。本当はパステト+イシスでいきたかったが、フレンドにイシスがいなかった。いないものは仕方がない。出現するまで待つような気の長さを、弥生丸は持ち合わせていない。

しかしまぁこれでもいけるだろうと踏んでいた。根拠はない。ただそう思うだけだ。力尽きればきっと後悔することになる。だが力尽きるまでは後悔しない。
image
スマホディスプレイに神経を注ぎ、コンボに集中した。画面を指でなぞり、道順を何度も確認する。4コンボへの道を見つけた時は嬉しかった。見つけられない時は、適当に3コンボした。予定とは違う形になって袋小路に追いつめられ、2コンボで終了してしまう時もあった。とち狂って0コンボフラッシュを拝む時もあった。
image
それでもなんとか、6バトルのセミファイナルに辿り着いた。敵はエキドナにセイレーン。たまたまだが、水の歴龍に登場するコンビだ。一体あたりから喰らうダメージは5000程度。あまり勝負を長引かせることはできない。

ここでパステトのスキル(3ターンの間、攻撃が全体攻撃になる)を発動。エキドナはボス戦用だから使うことはできない。ここは自力コンボで一気に倒す。
image
ラストはアルラウネ。毎ターン攻撃で喰らうダメージは7000程度。回復できなければ猶予は2ターンもない。ここでエキドナのスキルを発動。さらにヴィーナスのスキル、チェンジザワールド(十秒間、時を止めてドロップを動かせる)を使用をし、一気に大ダメージ攻撃。チェンジザワールド、かなり強力ですね。8コンボくらい達成し、敵アルラウネのHPを一撃で半分くらい削れました。やはりエジプト神との相性は抜群。

あとは通常攻撃で削り、ピンチになる前に撃破。
image
前回のダンジョンに続き、ここも一発クリアできました。マルースクレーターを踏破すれば、残すノーマルダンジョンはあと三つ。パズドラ終演の時が、徐々に近づいている。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ