パズドラ実践記 女神降臨超地獄級~フレイ・アレスに五右衛門ぱ

意味もなく落胆することがある。何があったわけでもない。青い空を見上げながら、この世の塵になりたいと願う。だがすでに築き上げてしまった社会的責任が、そうはさせない。インプットが多すぎるのかもしれない。情報過多のこの世界で、不要な思考に押し潰されそうになる。

こんな時はアウトプット。つまりブログを書こうと男は筆を手にとった。今日は女神降臨だ。

image

女神降臨にいこうと思った理由はひとつだけ。まだ超地獄級をクリアしてなかったからだ。ヴァルキリーはガチャでも手に入る。女神降臨が始まる前から、すでにワルキューレは持っていた。だからか、この降臨は疎かになっていた。

クリアすれば魔法石が手に入る。まずは攻略情報に目を通した。それによれば、五右衛門パ、アレス、フレイの火属性パ、天ルシパでノーコンクリアできるようだった。

このうちふたつ、五右衛門パと火属性パを試してみることにした。耐久天ルシは時間がかかるから、ただめんどくさかった。

まずは五右衛門パで突入。恐らく最難関は一階。多少の運にも左右される。ここで火ドロップがなければ、死んでしまうこともありうるかもしれない。

男は運よく火ドロップが五つ以上あった。全体攻撃を仕掛けて数匹を仕留める。残り、二、三体なればそれほど怖くはない。できるだけターンを稼いで突破した。

image

二階。ここと三階がスキルためポイントか。ただ、25倍攻撃をしないように気をつけていれば、スキルはそれほど意識しなくてもたまる。男はここで五右衛門のスキルをためた。

image

三階は回復ドロップを消さないように注意しながら2ターンないし3ターンで突破。

image

ここまでくれば花火後の事故さえなければ勝ったも同然。四階花火、五階強化花火で突破した。

image

いまさらながら初クリア。ダンジョン踏破ボーナスはいつだって嬉しい。イベントがないと、魔法石の減りが早い。

image

続いてアレス×フレイの火属性パで突入してみることにした。サブメンバーは男のオリジナルだ。ハッキリ言って適当だった。そしてすぐに気付いた。これはHPが足りねーんじゃねぇのかと。

ヴァルキリアブレイドで喰らうダメージは31000~39000とあった。どう考えても足りない。そういえば閲覧した攻略情報はマスターリングを二体入れていたな、などと、いまさらながら思考を働かせる。なるほど、あれはHP確保のためだったのか。

image

クリアできそうにないと判断し、諦めるを選択した。最近は以前に比べてスタミナを節約している。苦渋の決断だがまぁ仕方がない。さすがに安西先生の声は聞こえてこなかった。

image

ミネルヴァを二体抜いて、HPの高い五右衛門とウルズを投入した。よくわかってなかったので、四階で花火を発動。緑は恐らくワンパンできる。赤を残してスキルためだな、などと思っていたら二匹ともワンパン……

失敗した。緑デーモンのバイントが怖かった。ただただバインドが怖かった。

image

そして決勝の女神ヴァルキリー。いくらHP回復二倍とはいえ、毎ターンダブルスラッシュはきつい。回復変換もないうえ、エキドナの威嚇も初ターンにしか効かない。さらにミネルヴァを二体抜いたため、回復力も落ちている。

この時点で疑っていた。本当に火属性パーティーでノーコンクリアなんかできるのかと。

それでも花火を四階で使ってしまうという失敗をやらかしてしまったので、もう一度突入してみる。もしかしら押し切れるのかもしれない。

image

今度はヴァルキリーで強化エンハンス花火を発動。

image

しかし削れたのは半分まで。あとはアレスの変換スキル+強化エンハンスが残っているけども……

花火で半分までしか削れなかったのだから、押し切れるわけもない。

image

ヴァルキリーの十八番、リザレクションを使われてなすすべなく終了。

ということでアレス×フレイの火属性パーティーではノーコンクリアできなかった。攻略情報に出てたから上手くいけばクリアできるのかもしれないけど……

エキドナは四階で使っちゃったからボスでは使えなかった。ただ威嚇があってもかなりきつい。やっぱり五右衛門、天ルシあたりがテンプレになるのかな、と男は思う。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ