パズドラ実践記 大天狗降臨超級!武者ゴブリンリーダーでノーコンクリア

image

大天狗降臨超級に突入してきた。まずは草パでいく。今回は前回のドラりん降臨ほど気合いを入れて準備をしたわけではなかった。前回コスト10以下のモンスターを必死に鍛えたし、その残骸が残っていたからだ。前回同様のパーティーで、まぁいけるんじゃねぇの、と安易に考えていた。そんなに甘くはないだろうな、と思いつつも。

個人的にカグヤが新加入したので使ってみたかった。男は意気揚々と突入する。

image

1バトル目。特に何も考えずに適当コンボしたが、敵が火属性なのでかなりきつい。スキルマセイレーンと高いHPにより危険水域には陥らないものの、時間がかかる。

このバトルの途中で、LINEから毒が必要だという情報が入った。見ての通りパーティーに毒は入っていない。毒がいるなら諦めるか、とも思ったが、諦めの悪い男はそうはしなかった。なんだかスタミナが勿体ない気がする。どうせ死ぬのだから変わらないのだが。

image

二階、ここは思わず「おっ」と目を丸くした。夢の共演だ。ねねこもはまひめもまだスキルMAXになっていない。これはスキル上げができるなと思いつつも、こんな耐久パーティーでは時間がかかって仕方がない。ねねこがドロップした時は嬉しかったが、どうせ手には入らない。男は木属性パーティーなので喰らわなかったが、ファイアバインドがあるようだ。

image

三階、忍者群。新ダンジョンは新鮮で楽しいなと思う。固い敵とはコイツか?と思ったが、火属性以外はなんなく貫通した。

image

そして詰んだ。ウィルオーウィスプ。防御力90000ほどあるようだ。情報を得ていたので、死には何の感慨もない。とりあえず4階までの情報を得たのでこれでよしとした。

カグヤに変えてモルボルを入れよう、と思ったが、その前に闇パを試したくて突入した。前回のドラりんではヴァンパイアロード×タナトスで余裕だという話だった。どうしても引き摺ってしまう。

image

しかし無駄だった。アーマーブレイク→エンハンスで削りきれず。

image

そして再びモルボルを入れた草パで大天狗様に到達。序盤余裕だった。少しずつだがHPを削る。HPが減ってきたら強攻撃してくるんだろぅなぁと思いつつも、このまま勝てる気がしていた。少しぐらい攻撃力が上がったところで、集中してコンボすれば耐えれる。セイレーンはスキルマだ。

そしていざ天狗様のHPが減ってくると、予想通り強攻撃をしてきた。しかしそれは男の想像を遙かに越えていた。

36000ダメージ!

滑らかに動いていた指先が硬直する。目を見張ったまま、これはない! と思った。

具体的は「力をためる」みたいなスキルを使ってきて、次ターンに大ダメージ攻撃だ。

天狗様の攻撃ターンは2。つまり4ターンに一回36000ダメージを喰らうことになる。

4ターンに一回なら……と思うも回復等倍ではかなりきつい。苦し紛れにゴーレムの半減を使うも、それもただの時間稼ぎに過ぎなかった。

image

ジ・エンド。無理ゲーという言葉が頭に浮かぶ。ここで自分でパーティーを考えることを諦めた。そろそろ攻略隊の情報が出ていることだろうとウェブブラウジングを開始する。

それによればアスカ×アスカの攻撃パーティーで、ヌルゲーということだった。しかし、アスカは持っているものの、すでに進化させてしまっているので使えない。仕方ないので、武者ゴブリンリーダーでいくことにした。

image

結果、このパーティーでノーコンクリアすることができた。しかし片方ゴブリンだと、道中がかなりきつい。ノーコンクリアできたといっても、数度の挑戦の末だ。

道中気をつけるべき点は、四階のウィスプでアパンダのシールドブレイクを使うこと。火3×2の4コンボくらいすれば、ワンパンとはいかなくともHPを削ることができる。

ボスまで到達すれば、あとは楽だ。男はダメージを多少減らしてからの攻撃エンハンスでワンパンだったが。初ターンにエキドナ威嚇で攻撃エンハンスを使えば、それでも十分に押し切れるのじゃないかと思う。

image

image

運よく一発ゲット。天狗はド根性持ちで、ダンジョン攻略にかなり使えるのではないかと言われている。大ダメージを喰らいそうになったら、リーダー交代で耐えるというわけだ。

リーダーからまたサブに戻る場合には、再びスキルをためなければならないらしい。入れ代わって、また戻るの大変そうだなと思う。果たしてどんな攻略が生まれるのか、これからの展開が楽しみだ。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ