パズドラ実践記 ゼウス・ディオスへ2ndアタック!激闘の末散る!無論おれが

image

ゼウス・ディオス降臨ダンジョン。やればやるほど糸口が見えてくる。様々なパーティーを試してみたが、やはりホルスパーティーに落ち着いた。

HP五倍でHP90000越えのパーティーや、アスタロトパーティーでノーコン報告が上がっているが、どちらも現状の自分には組めないパーティーだ。

image

1バトル目のクーフーベルセルク。正直ここが最難関。ベルセルクのターンが3、あるいはクーフーのターンが2なら余裕でクーフーを抜けるが、どちらも1なら突破するのは余程コンボが続かなければ難しい。正直運が必要だ。ここで何度秒殺されたかわからない。

image

それでも数度のチャレンジの末、1ターン、もしくは2ターンでクーフーを撃破する。ファイアバインドを喰らったあとは解除するまでスキル溜め。簡単には耐えれない。回復も集中コンボだ。

敵HPが三分の一程度にならなければ一刀両断は使ってこないので、削らずにひたすら耐える。バインドが解除されたところで一気に押し切る。押し切れなければほぼ死ぬ。敵HPの調整が難しいので、エキドナの威嚇を使った方が安定するかもしれない。ただしその場合、4バトル目までに再び威嚇を溜めるのが難しくなる。

スサノオの半減まで溜めることができたら、半減で押し切った方がいいだろうと思う。なにも使わずに押し切るのが一番だが、失敗すると即死する。

image

2バトル目のグリフォン。余ったターンはスキル溜めに活用し、ワンキル。前回はコイツに90000というダメージを喰らってびびったが、HPは低いし防御力もない。ホルスパーティーなら一撃で倒せる。

3バトル目のエンジェルは撮り忘れた。2ターンで倒すが理想。ただし1バトル目で威嚇を使っていたらここで溜めなければならない。4バトル目の先制攻撃さえなければ、数ターンは稼ぐことができると思うが、それがあるので難しい。回復も考慮しつつの四色コンボは難易度がずっとあがる。

しかし威嚇を使えなければ4バトル目でどうせ死ぬのだ。決死の覚悟でコンボをするしかない。

image

そしてたどり着いたヘラ。何度も挑戦し、ここに威嚇が使える状態で到達するのは初めてだった。早速発動して全力コンボ。スキル溜めに比べれば、ホルスで四色消すことなんて随分楽に思える。ただ、ひたすらに攻撃すればいいのだ。

image

うりゃうりゃうりゃうりゃー!

image

きっちり4ターンで撃破し、最高の状態で辿り着いたでゼウス・ディオス! まずはギガグラを発動。続いて威圧。あとはひたすら攻撃あるのみ。

image

残り2ターンでこの状態。正直、貰ったと思った。神域ゼウスに比べれば、HPは低い。ホルスの攻撃がかなり削れる。しかしここで僕は重大な勘違いをしていた。

image

4バトル目で発動した威嚇を、もう一度発動できると思っていたのだ。ディオスさん、異常状態無効。こんなことすっかり忘れてた。

そして正真正銘のラストコンボが上の画像。誤算はあったとはいえ、なんとか削りきれるか微妙なところ。そしてこんなところでまた、イジワルな盤面。

青はない。黄色と赤は揃えやすいが、緑と紫は離れている。どちらかをクルクル回して寄せていくしかない。

僕は左下の紫から動かした。緑を寄せて、黄色と赤を抜けて右端で紫を揃えるつもりだった。しかし緑を寄せているうちに、パニックになった。一瞬、自分が予想していない方向に緑が飛んでいった。わけがわかなくなり、なんとか三色揃えるものの、そこまでだ。

image

最後の最後で、まさかの失敗コンボ。これが降臨ダンジョンの魔力か。大空を飛ぶハヤブサのホルスは翼をもがれた。

image

まだスサノオの半減が効いていたものの、一発終了。この方に攻撃を喰らえば生きてはいけない。

あとワンパン。「コンテニューしますか?」の文字が僕を誘惑する。しかし迷うことなく諦めた。僕は負けたのだ。

しかしホルスパーティーでも十分ノーコンが可能なことがわかった。エキドナをギガグラに変えて、4バトル目はスサノオの半減だけで押し切るのもいいかもしれない。ただ1バトル目だけは運が必要だが……

ゼウス・ディオス、次回こそは勝ってやる。三度目の敗北はない。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ