パズドラ実践記 炎の神秘龍超級&地獄級~バールベッグ突撃レポート

image

月曜テクダン五倍も始まっているが、まずは新ダンジョンの炎の神秘龍に突入する。

水ドロップなしダンジョンということで、組めるパーティーは限られる。まず、ラーや麒麟は使えない。ホルスは今回は使える使えるが、いずれ来るであろう、火ドロップなしダンジョンのことを考えると苦悩ものだ。

水ドロップなしということで、ホルスが使い辛いかなとも思ったが、そんなことはなかった。四色に絞られることで、逆に使いますやすさすら感じた。やはり余計なドロップが少ない方がいいのかもしれない。

image

image

五階のミノタウロス。ボスを除けば固定の敵が出現するのはここだけで、あとは一枚目の画像のような通常モンスターのみだ。

ターン3。ダメージは約10000。ホルスパーティーなら、ここで一匹残してスキルためか。

たいしたダメージは喰らわないが先制攻撃がある。

image

7階、ボスのバールベッグ。先制攻撃で17000喰らった。ギリギリセーフ、と思っていたのだが、どうやらHPを十分の1くらいにする先制攻撃のようだ。

HPの多い耐久パなら数万のダメージを喰らうことになる。

ターンは2。連続攻撃で17000ほどのダメージだった。検証のため一発ダメージを喰らったが、失敗しなければギガグラ威嚇で押し切れる。固くもない。

image

超級は火の単色パーティーで突入した。HPが34000ほどあるので、それくらいの先制攻撃を喰らった。強化エンハンス花火でワンパン。気をつけるべき点など、特にない。

image

image

今回はかなり難易度が低いと感じた。リーダーチェンジのスキルを上げるなら今回がチャンスかな。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ