パズドラ実践記 伝説龍ラッシュ地獄級~水属性のムスプルヘイムを求めて

image

今日がペンドラの里などということは知らなかった。二回のチョキメタが終わった時点でゲリラには興味がない。それでもダンジョンに入ったのは、午前中の私用を済ませてパズドラを起動すると、たまたまやっていたからだ。

正直なところ、ペンドラの里の効率がいいのかどうか、男は知らない。ただいえることは、スタミナの消費がとんでもなく早い。カグツチリーダーでいくと、毎回1コンボの5ターンで終了する。こんなのを一時間もまわしていたら、魔法石がもたない。それに、単なる作業は嫌いだ。やはり、コンボを作ってこそ、パズドラは楽しめる。

それでも育てたいモンスターがいるならば、懸命に頑張るかもしれない。しかし特に育てたいモンスターがいるわけでもない。しいて言うなら二回ほど前のゴッドフェスで引いた天ルシを育てたいが、それも急いでいるわけじゃない。まったり育てればいいと思っている。

数周したところで、飽きてやめた。闇の歴龍が1.5倍だったので、こちらに突入することにする。超級だ。天ルシを育てたいなら、こちらでもかまわない。

image

ゼウス、五右衛門、ヴァルキリーなどの回復パを試してみたが、ゼウスが一番いいような気がした。五右衛門パはもう飽きている。新鮮味がない。ヴァルキリーの回復パを光で固め、回復エンハンスを使うとほぼワンパンで面白いのだが、HPが低いので失敗すると、逆に9階のリリスでワンパンで殺されてしまう。

ゼウスは五階までに1ターンためるだけでいい。するとボスではエキドナがたまり、威嚇が効いている間にエンハンスとドロップ強化が使えるようになる。ちなみにバーバリアンのエンハンスはスキルマ。ユニコーンのスキルレベルは奇跡の4だ。4体しか混ぜていないのに3も上がった。エンハンス、ドロップ強化でワンパンできる。

image

それも飽き、何をしようかなと考えていたところ、思い付くことがあった。そうだムスプルヘイムを取りにいこうと思った。伝説龍ラッシュで出現するレアモンスター。まだ持っていない。手に入れても恐らくは使わないが、図鑑は埋まる。廃人だ。

image

パーティーは、実は昨夜LINEの友人からアドバイスを受けていた。五右衛門パーティーで18000ほどのHPを作ると一階で一発喰らえば調整が完了すると。

五右衛門パーティーはテンプレで作ると、高HPのサタンやギガンテスが入りゆうに20000を超える。わざとHPを落とす必要があった。そのために武者ゴブリンなどを投入。コスト制限ダンジョンのためスキルレベルは最大にしてあるが、まさかこんなところでも役に立つとは思わなかった。

image

1階。友人のアドバイス通り、初撃でHP調整が完了した。次に攻撃してくるまでには3ターン。3ターンあれば、十分に倒すことができる。

image

二階。一度目は攻撃してこない。「大きく口を開いた」を使ってくる。攻撃ターンが長いのでここでターンをためる。エキドナさえたまれば十分だ。

image

3階、ユグドラシル。防御力が28万ある。炎ドロップ3×3で貫通する。HPは低いからワンキルだ。できれば炎ドロップをためて倒したいところだが、無理なら変換を片方使う。

image

4階、ヴァルハラ。毎ターン攻撃だが、初ターンに異常状態無効を使ってくるので最低2ターンは猶予がある。ここは全力攻撃だ。

最後は撮り忘れた。エキドナ威嚇を発動して悠々撃破。

image

伝説龍はすでに青のムスプルヘイム以外は全種持っている。スキルレベルを上げても旨みはない。しかし獲得モンスターなしはないだろうと思う。男は歯切りした。

しかし伝説龍は経験値効率がいいようだ。ランクを上げたい方にはオススメなのかもしれない。

結局スタミナ分4周したが、レアモンスターのムスプルヘイムには出会えなかった。欲しいといえば欲しいのだが、別にいらないといえばなくてもよい。

今日はこれでパズドラを終わることにした。個人的にはアテナ降臨が気になって仕方がない。ダンジョンはこれまでにないコロシアム。そして超地獄級のみ。中級者にはきついかもしれないが、上級者にとっては高い壁が出現するほどに気持ちが高揚する。

一部では神縛りではないかと言われているが、男はそれはないだろうと思っていた。そうなったらなったで楽しみだが、それでは無課金ユーザーに優しくない。どんなダンジョンになるのかわからないが、楽しみにしている。

さて、全く関係ないが、最近ソード・アート・オンラインにはまっている。川原礫さんが書くライトノベルだ。いざVRMMOの世界へ、フルダイブすることにする。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ