パズドラ実践記 エヴァコラボ超級~攻撃力全開で挑め!

image

エヴァQは観た。序も破も観た。旧劇場版もだ。僕はエヴァマニアとまではいかないが、一般レベルでエヴァンゲリオンを愛している。心の中では、いつだって残酷な天使のテーゼが流れている。

そのエヴァダンジョンが、ついに今日から始まった。開始前の盛大な告知に広告。これで何もないわけがない。面白くないわけがない。

とりあえず超級に突入した。中、上級は後回しだ。

image

ダンジョン入った瞬間に流れる軽快なリズム。いやでも心が踊る。さらに初めて見る敵。第六使徒か? エヴァ好きを語っているわりに、確信はない。

とりあえず攻撃を仕掛けてみる。ホルスの四色コンボを発動したにもかかわらず、ダメージは1しか与えられなかった。敵の攻撃ターン数も4と長い。この時点で嫌な予感がした。

倒そうと思えば倒せたが、ここは検証のためとあえてダメージを喰らってみる。

image

案の定だった。喰らったダメージは20000越え。堅いモンスターは嫌いだ。

image

気を取り直して再突入。五バトル目。第六使徒の進化後か。ターン七。嫌でも攻撃を喰らうことがヤバイことがわかる。これはもう確信だ。

ここは全力で攻撃することにした。ホルスパーティーならば、3~4ターンで倒せる。ターン稼ぎのため、ギリギリで撃破した。攻撃は喰らっていないが、恐ろしいほどのダメージを喰らうことだろう。

image

6バトルは通常モンスター。そしてボスの7バトル目。初ターン……というより0ターン目からATフィールド全開。異常状態を無効にする。つまりエキドナの威嚇は一回だって使えない。これでエキドナが死んだ。

適当に攻撃を繰り返し迎えた3ターン後、ボス「力をためる」スキルを発動。

さらに3ターン後、その力をためた攻撃が僕を襲った。もう、どれだけのダメージを喰らったか覚えていない。とにかく、スサノオの半減を発動したにもかかわらず、ありえないほどのダメージを喰らって一撃で死んだ。

image

これは防御は無用。というより使えない。猶予は6ターン。エヴァダンジョンで求められるのは、最大の攻撃力だ!

image

image

気を取り直し再突入。ギガグラ二発。攻撃態勢二発と超攻撃的布陣を組んだ。俺にハートドロップは必要ない。なぜかボスが光属性かと勘違いし、チームに闇属性を二匹も入れてしまった。

しかしそれでも、今度は押し切れることができた。ギガグラはスキルをためることができずに一発も発動しなかった。ホルスパーティーならば、攻撃態勢のみで押し切れる。

image

image

前情報通りのスキル。固定ダメージは嬉しい。スキルレベルMAXで何ターンになるのか気になるところ。さらにクイックヒールが使えるやつも落ちた。イシスのスキラゲができる。究極進化したヴァルキリーのおかげで、影が薄くなってはいるが……その救済か。

さぁ次は地獄級だ。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ