麻雀が強くなりたい!打姫!オバカミーコ九巻まとめ

オバカミーコ九巻まとめをお届けします。

【その30 ドラ娘になれ!】

ドラの使い方、難しいです。もちろん使いたい。だけど使えない時もある。いつまでも持っていると危険牌になるし、やむなく打って放銃という経験は誰にでもあるでしょう。

その孤立牌のドラの使い方についてですが、これは自分の手が戦える形になってから打て! と波溜師匠は言っています。自分の手が戦えない形ならば打つなということです。例えば役なし愚形のイーシャンテン、こんな手ではいけないですよね。そんな時はドラ傍を待つか、あるいはドラと心中するのもありでしょう。

次にドラ傍の牌、これも基本的にはドラの扱いと同じです。例えば1ソウがドラなら2ソウは持っておく、ということですね。

 

三色よりもドラ雀頭固定!

例えば以下のような手牌だった場合、

①②②⑥⑥⑧二三135789 ドラ②

下の三色が見えますが、ここはドラ雀頭固定の打①。不確定な三色よりも確定しているドラ優先。個人的にはドラに関係なく、三色や一通にこだわない方が打ちやすいです。三色や一通は無理なく狙える時だけ狙います。

 

ドラ傍はさっさとリャンメン固定!

以下のような手牌の場合、

23677③⑦⑧⑨二二四六六 ドラ6

ドラ傍の7がトイツになっていますが、ここはさっさとリャンメン固定の打7。

 

【その31 ファン牌の使い方】

ファン牌はいつ打てばいいのか? 誰もが一度は迷ったことがあると思います。これは、自分の都合で打てばよいと波溜師匠は言っています。昔は絞るのが主流だったそうですが、それは古い考え方。自分の手がホンイツやチャンタ系なら残しておけばいいですし、タンピン手ならばさっさと打ってしまいましょう。ファン牌をいつまでも抱えておくと、そのたった一牌のためにあがれなくなってしまいます。

ただ、ファン牌後付けの可能性がある鳴きをしている他家がいれば、個人的には絞るべきかな? と思います。ロン2の東風戦ではよくあることです。そのような時は、ドラと同じく、自分の手が戦える形になってから打った方がいいでしょう。テンパイもしくは好形のイーシャンテンまでは持っていきたいところですね。

 

以上オバカミーコ九巻まとめ終了。以後10巻に続く。

コメントを残す

このページの先頭へ