パズドラ実践記 光の歴龍ラフロイグ、サタンパーティー強過ぎる!

光の歴龍は二度目だ。前回は上級5バトル目に出現するプテーラが欲しくて一生懸命まわした記憶がある。

同時に必死にムギドラを狩った。レベルの上げにくい光属性にとって、キンムギドラは美味し過ぎた。

当時はまだゼウスを持ってなかった。いつかゲットした時のために、ヴァルキリーやヴァーチェを必死で太らせた。それはいま現在、役にたっている。周回パーティーは覚えていない。

image

ということでまずは上級から突入。試してみたいサタンパーティーで突入。前回はまだサタンが実装されてなかったから、これは初めての体験となる。

まるで幻獣なみの獲得率を誇るプテーラ。前回は結局ゲットできなかった。少なくとも100周はしたと思う。きちがいの領域だが、そこは置いておこう。つまり、ドロップ率は1%もあるかどうか……

今回こそはゲットしたい。最終進化した時のスキルは、光属性の攻撃力+回復力二倍だ。ラファエルと重ねると、かなりの強力なパーティーになりそうだ。

image

ボスの光の歴龍ラフロイグ。若干の不安はあったものの、ワンキル。無傷の勝利。サタンパーティー強い。

image

続いて超級。

image

image

5バトル目のキマイラ。9バトル目のエンジェル、ともに一撃で撃破した。重ねたコンボは10前後。闇ドロップは3×2で十分に倒せるレベル。サタンパの敵ではなかった。

image

そして超級ラフロイグ。一発攻撃した時点で上画。予想されたことだが、さすがにここは一撃では削りきれなかった。しかし半分は減らしている。ニ撃目できっちり撃破。攻撃力5倍になるスキルを使ってくるターンがあるから、敵攻撃ターンに関係なく2ターンは確保できる。サタンパーティー、超級安定だ。

image

さすがに地獄は無理だろうと思いつつも、やるだけはやってみる。ここで挑戦しなければ、弱い者だけを狩るいじめっ子と同じだ。スタミナ50くらい痛くも痒くもない。

image

5バトル目、ここからは光属性以外の敵も出現する。ここがネックだ。対策のためにカオスヴィーナスを入れようかと、一瞬考えた僕は馬鹿だ。光ドロップは出現しない。

難関のデーモン戦。スキルMAXのロードの闇変換くらいはためておきたいものたが、攻撃を喰らうと回復できないので、最短突破。自力でデーモンに攻撃を仕掛ける。

image

一撃で光デーモンは撃破。闇デーモンも半分は削れている。ターン運もあって、ここでダメージを喰らうことはなかった。上級から、いまだ無傷。

image

9バトル目のリリス。ここも闇属性。ダメージを喰らうことを覚悟したが、意外にも一撃で倒せた。10コンボ弱すれば、敵ではないかもしれない。

image

そしてたどり着いた地獄のラフロイグ。ターンは1だ。どれくらいのダメージを喰らうのかわからないが、数ターンで仕留めなければ死ぬことになる。

image

一撃目。

image

ニ撃目。ここで20000ほどのダメージを喰らったが、サタンのHPが高いので耐えれている。そして……

image

無傷とはいかなかったが、なんと地獄級もノーコンクリア。ただ、デーモンのターン数を考えると安定はしないと思う。5バトル目で一撃を喰らっていれば、ラフロイグの一発目で死んでいる。

あるいはヴァンパイアロードを二枚持っていれば、ひょっとするとボスをニ撃で削りきれるかもしれない。

にしてサタンパーティー強い!今回の歴龍では、サタンがかなり活躍しそう。僕はまずはプテーラをゲットすべく、上級周回してきます。幻獣ユニコーンも出現するようなので、それから超級周回へ。

パズドラ究極攻略データベース

コメントを残す

このページの先頭へ